南森町から


by oyama-law

2010年 09月 15日 ( 2 )

要件事実マニュアル

大山です。

要件事実マニュアル。岡口裁判官の名著です。最近,5巻組にバージョンアップされました。

早速買いました。今回はぎょうせいさんに直接注文したんですが,まず3~5巻が来て,今日2巻が来ました。1巻はまだ出ていないようですね。

今までは1巻の途中から契約について書かれていましたが,今回のは2巻の最初から契約です。債権法改正も視野に入れているのでしょうか。

今日,早速3巻を使う機会がありました。やっぱり良い本ですね,これは。

修習生は持っている人も多いと思いますが,ロースクール生や予備試験受験生にもお勧めできる本です。1巻と2巻(つまり民法編)だけでいいとは思いますけれども。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-09-15 18:06 | 業務日誌

イソギンチャクへ

大山です。おはようございます。事務所です。

この時間の事務所は誰もおらず,隣近所の先生方の事務所も誰も来られていないので,リラックスムードです。

などと書くとボスから「お前はいつもリラックスムードやろ」とつっこまれそうですけど。

イソ弁。

私のブログも「イソ弁日誌」という名前をつけましたが,イソ弁というのは,勤務弁護士のことです。

それに対して,上の先生は「ボス弁」。こちらは分かりやすい。ボス=親分の弁護士です。今は大規模な弁護士事務所ができて,ボスに該当する人が複数いる場合もあり,そのような場合は「パートナー」と呼んでいることもあります。

ではイソ弁の「イソ」は何か。

これは「居候」の略だとされています。

が,ネットを調べてみると,「諸説あるが,居候の略とされている」というような記述があるのです。諸説ということは,居候の略というのとは別の意見があるということですよね。

少し調べてみたら,なんと「イソギンチャクの略」という意見もあるようです。

はじめは「なんや,それ」と思いましたが,イソギンチャク自体の生態を調べていくと,「悪くないやん」と思い始めました。

イソギンチャクは色々な生物に寄生します。ヤドカリやエビやカニ。しかし,寄生するだけでなく,宿主を守ります。共生というやつです。

そして,イソギンチャクは他の生物を寄生させます。サンゴ礁のクマノミの映像はよくテレビなどでも見ますね。

また,イソギンチャクは毒を持ち,種類によってはかなり強い毒を持つものもいるようです。

イソギンチャク弁護士ってイソウロウ弁護士より随分とかっこいいように思いませんか。そんなことを思うのは私だけでしょうか。

今はヨチヨチ歩きのペーペーですが,イソギンチャクよろしく宿主のボスを守れるようなイソ弁の鑑をまずは目指します。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-09-15 08:21 | 弁護士とは