カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年 09月 11日 ( 2 )

b0208075_212473.jpg
大山です。

弁護士登録をすると,バッジをもらえます。正確には貸してくれます。左の画像は私のバッジの写真です。

私はペーペーなのでバッジは金ピカですが,純銀に金メッキなので,いつか劣化します。ただ,純金製というのも特注できるようです。

このバッジ,レプリカがネット上で売られているようです。悪用されないように,裏に刻まれているはずの登録番号はないようですが,一般の方は裏に登録番号が刻まれているなどとはご存知ないでしょう。

弁護士バッジがあればそれだけで何か悪いことができるというわけではないとは思うのですが,悪いことをする手段の一つとして偽のバッジが使われるのは問題です。

弁護士は通常は自己申告とバッジで身分を証明していますが,実は身分証明書もあります。少なくとも大阪弁護士会は独自の身分証明書を出していますし,日本弁護士連合会の身分証もあります。

私も大阪弁護士会の身分証を持っています。日弁連の身分証は申請準備中です。

もし弁護士と名乗り,バッジも名刺も持っている者が,何やらどうも信用できないという場合,「身分証を見せろ」と言ってみるのも良い方法だと思います。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by oyama-law | 2010-09-11 21:38 | 弁護士とは

「先生」と呼ばれること

大山です。

妻から「『弁護士の大山定伸です』と書き始めるのは何か変だ」と指摘され,本日より「大山です」と書き始めることにしました。

弁護士の敬称は一般的には「先生」です。私も同業の方を「○○先生」と呼びます。ボスのことも「先生」をつけて呼びます。

私はこの「先生」にものすごく違和感があります。私はペーペーのそのまたペーで,お客様から「先生」と呼ばれるような立派な弁護士ではありません。「大山さん」「大山君」ぐらいの方が気が楽です。

ただ,そういう難しいものでもないんかなと思うこともあります。

たとえば,学校の先生に対して,お父さんやお母さんも「先生」と呼びます。その先生は子供の先生ではありますが,お父さんやお母さんの先生ではありません。しかし,先生と呼ぶ。

習慣のようなものでしょう。

学校の先生も,お医者の先生も,みんな「先生」です。

以前,建築関係の知り合いに「どういう方を先生と呼ぶべきなんですかね。」と尋ねたら,「オレなんか神主さんも先生って呼ぶで。」と言われました。

神主さんに先生はおかしいやろ,と心の中で思いっきり突っ込みましたが,見方を変えると「先生」というのはその程度の言葉でもあるということではないでしょうか。

そんなこんなで,最近は「先生」について,違和感はあるものの,深く考えないようにしています。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by oyama-law | 2010-09-11 09:40 | 弁護士とは