まずはお気軽に見積もりのご依頼を

大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

高額費用を敬遠?「弁護士なし訴訟」増加(読売新聞)

この読売の記事はピントがズレているように思いますが,いつか書きたい話でしたので,いい機会と思って書いてみます。弁護士費用と見積もりについて。以前簡単には書いたように思いますが,もう少し詳しく。ちょっと長文ですが,お付き合い願います。

私は本人訴訟はやるべきだと思っています。弁護士は代理人でしかないわけで,訴訟の主役はご本人ですから。

ご本人の訴訟では面倒くさい,よく分からない,時間がない,手間がかかる,出席したくない,難しい・・・そういう場合に私の出番となるわけです。

ただ,「弁護士は料金が高い」というのは,ある意味,誤解だと思います。高い先生もおられると思いますけども,その理由だけで弁護士を雇うのを検討されないのは,私は,得策ではないと思います。

たとえば,記事に「弁護を依頼する際の着手金だけでも数十万円かかる」とありますが,着手金が50万円(税抜き)になる裁判は,弊所の基準ではいくらの裁判かというと「820万円をよこせ」という裁判です。

820万円をよこせという裁判というのは私の中では大裁判ですね。

しかも,私は大阪の商売人の息子ですから,値切って当たり前,値切られて当たり前。「9掛け,8掛け,当たり前」という弁護士です。

あくまで私が個人で受ける場合の話ですけれども。

そうすると着手金が50万を超える裁判というのは,裁判で揉めている額が1000万円を超えているという場合になります。

たとえば「100万よこせ」という裁判をやる場合は着手金はいくらかというと,最大で8万4000円です。

私の場合であれば,これに法律相談料と内容証明郵便の費用を込みにします。

お客様が「高いなあ」という交渉をされれば,ここから値引き交渉です。単価を下げるのもいいでしょうし,実費を私持ちとするのもいいでしょう。

レアケースだとは思いますが,内容証明を送ったら解決する場合もあるので,私の名前で内容証明を送り,その費用として5万円頂戴して,それで終われば適宜の報酬を頂戴して終わり,内容証明で終わらなければ,追加の着手金をあと2万円頂戴して裁判,などという方法もやっています。

もっとも,この辺りは事件の内容にもよるので,「私は100万ならなんぼなんぼです」とは言えません。

ただ,料金表があって,着手金は100万円の裁判なら「最大で8万4000円」です。

裁判で取れれば,報酬はそこから最大16.8%ですが,10%とすることが多いですね。

揉め事が弁護士だの,裁判だの,そこまで発展してしまっているのに,内容証明だけで終わると思っていないので,内容証明一発で終わった場合の報酬は考えたことがありませんが,弁護士名とはいえ,手紙を出しただけですから,報酬はもっと安くていいかも知れません。

私はこういう話が大好きです。CMではありませんが,お金は大事ですから,よく考えないといけません。見積もりも喜んで出させていただきます。

メールで結構ですので,簡単な内容,たとえば「貸した金を取り返したい。100万である。あんたのギャラはなんぼや。」と書いていただければ,見積もりをお出しします。それをご覧いただいて,私の話をお聞き下されるかどうかご判断ください。

本人訴訟にはいろいろな考え方がありますので,弁護士をつけるべきだとは決して思いません。

しかし,「料金が高い」という理由のみで弁護士を敬遠されているのであれば,まずは是非見積もりのご依頼を。見積もりをご覧になってからご判断下さっても決して遅くはありません。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2011-01-13 07:56 | 弁護士とは