カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

修習地決定の想い出

井上・大森法律事務所の大山です。

新64期の修習地の通知が発送されているみたいですね。非常に懐かしいです。

私は登録上は63期なんですが,本当は(?)新62期なわけです。この点についてはニーズがあれば書きましょう。10月中旬という今が最もニーズがある時期なような気がしますけども。

二回試験についての記事投稿リクエストはお気軽にメールにて。

さてさて,私は大阪修習でしたが,修習地が決定したときは東京に住んでいました。

第1希望は東京。第2希望は千葉。第3希望は大阪。第4希望は奈良。第5希望が盛岡で,第6希望が秋田だった気がします。第5と第6は逆かも。

それで第3希望の大阪に。

大阪は生まれ故郷ですから,私は良かったんですが,どうも大阪はハズレという評判のようですね。

私は大阪修習になったことで結婚しました。東京や千葉だったらその時点では結婚していなかったと思います。そしてその時点で結婚していなければ,今でも結婚していないかも知れません。

また東京修習なら大阪で就職していなかったかも知れません。

私が生まれたのはディープ大阪,世界に冠たる生野区ですが,中学から愛媛に行きました。愛光学園中学。そして高校も愛光に行って,18のときに早稲田大学に入学し,修習で帰って来るまで関東にいたのです。

ですから,私自身は強い地盤を大阪に持っていたわけでもなく,大阪で弁護士をやろうと強く思っていたわけでもなかったんです。が,今では大阪弁護士会所属。

修習地というのは非常に重要だと思います。人生にとって大きな転機となる可能性もあります。

自分で自由に選べるわけではないですが,決まったからには,修習を精一杯楽しんで下さい。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-17 12:02 | 司法修習