カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

修習生のための就活インタビュー その4

井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生のための不定期連載企画「就活インタビュー」。第4回はF弁護士。F先生の所属会は「近畿弁護士会連合会(近弁連)で大阪ではないところ」です。

――F先生の事務所はどうやって決まったんですか?

ツテを頼りました。

――公募は回らなかったんですか?

いえいえ,回りましたよ。

――どれくらい?

書類は40から50は出したと思います。

――通過したのは?

35は通ったと思います。

――すごいですね。さすが優秀層(笑)

そんなことはないですよ(笑)

――面接はどうだったんですか?

私は面接が苦手でした。書類は結構通ったのですが,その後が厳しかった。

――面接を振り返ってみて,どういう点に気をつけるべきですか?

大人数のところは埋没したらダメでしょうね。そのためには無難すぎる対応は良くない。

――なるほど。

それと私のように面接で何をしゃべっていいか分からないという人は,できるだけ話すことを考えて行った方がいいでしょうね。

――就職活動はいつから始めましたか?

10月です。最初の方はみんな就職活動をしていますから,必然的に大人数で,私には厳しかったですね。絞られてきてからは調子が出てきました。

――決まったのはいつですか?

6月ですね。

――最後に後輩に一言。

さきほども申しましたが,埋没したらダメです。

――ありがとうございました。


(後記)

F先生はお話も上手ですし,面接は得意そうに見えるのですが,独特の雰囲気があるので,苦手とされているのかも知れません。面接が苦手な方はおられると思いますが,積極性が大事なので,頑張って前に前に出ましょう。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-14 08:10 | 就活インタビュー