南森町から


by oyama-law
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

尖閣問題と給費制維持問題

井上・大森法律事務所の大山です。

秋晴れですね。

司法修習生の給費制維持問題ですが,民主党が維持の方針を打ち出しています。しかし,11月までになんとかしないと,新64期の修習生は宙ぶらりんのまま修習に突入してしまいます。

給費制の問題は,国会で一度議論し,過去に民主党も廃止に賛成したわけで,維持するのであれば,仮にねじれ国会でなくとももう一度議論される必要があるテーマです。しかもねじれているわけですから,11月に間に合うのかどうか。

それに加えて尖閣問題。私見はとりあえず控えておきますが,国会で取り上げられるのは間違いなさそう。

さらに大阪地検特捜部の問題や,経済施策。政治とカネ。

はたして11月までに給費制維持の法案が通るんでしょうか。

あと2か月です。

民主党にできるとは思えないのですが。

最大の問題は,民主党が給費制維持の空手形を切ったおかげで,弁護士会や日弁連の給費制維持活動も停止してしまっていることです。

民主党お得意の「やっぱりダメでした」が発動した場合に,給費制維持活動を再始動することはできるのでしょうか。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-09-25 16:41 | 雑記