南森町から


by oyama-law
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:就活インタビュー( 9 )

井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生のための不定期連載「就職活動インタビュー」。第9回は新63期司法修習生のIさんです。

――I先生は・・・

まだ「先生」ではありません(笑)

――そうでした(笑)。Iさんは内定があるんですね。

そうです。修習地であり,地元です。近弁連の大阪ではないところと書いて頂ければと思います。

――どういう事務所ですか?

修習先の事務所です。修習をしてみて,私はぜひそこで働きたいと思ったんです。修習先も私を気に入って頂いたみたいで,お世話になることになりました。

――理想的ですね。

そうですね。

――すると,就職活動はあまりしなかったんですか?

いえいえ,公募も行きましたよ。

――それも修習地ですか?

いえ,別の地域です。

――大阪?

私は大阪ではしていません。大きな都市で弁護士をやるという考えはなかったので。

――公募について少し詳しく教えて下さい。

とある地域,近弁連ではないところですが,そこの就職説明会でお話を聞いたところなんです。そこの地域は穴場でした。

――穴場というと?

修習生を取ってもいいという事務所が7つか8つかあったんですが,説明会に来た修習生は50人くらいしかいなかったんです。

――なかなかの確率ですね。

そうですね。そういう意味で穴場でした。最終的にはその中の1つの事務所の内定をもらいました。

――内定はどういう感じで決まりましたか?

まず,試験がありました。法律以外の試験です。そのあと面接がありました。

――それで内定ですか?

いえ,そのあと,今度は法律論の面接がありました。

――そういうパターンは私も初耳です。

この面接はいろいろなことを聞かれ,正直へこみました(笑)。

――圧迫面接?(笑)

そうかも知れませんね(笑)。そのあとで,この面接内容・結果を踏まえて,もう一度自己アピールの書類を提出しました。そして内定です。

――きっちりした採用システムですね。この内定はいつごろ決まったんですか?

3月半ばだったように思います。

――ところで,新63期の就職状況はどうなんですか?

私の周囲では1割くらいが決まっていないという印象です。これは夏ごろの話です。今は分からないですね。聞ける空気でもないです。

――なるほど。最後に後輩にアドバイスをお願いします。

私はローの成績も司法試験の成績もあまり良くありませんでした。ですから,成績を求めない事務所を狙っていきました。成績が芳しくない方はこの戦略も参考にしてください。

――ありがとうございました。


(後記)

新63期の方々の就職は厳しいという話も聞きますが,就職が全くないわけではありません。これは新64期以降の方にも言えることだと思います。諦めないで活動してください。

さて,また手持ちのネタが切れましたので,就活インタビューはお休みです。忘年会シーズンでネタをゲットできれば,と思っていますが,修習開始前に更新するのは難しいと思います。新64期の修習生の方々は就職活動に,修習に,頑張って下さい。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-11-02 10:33 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

不定期連載「司法修習生のための就職活動インタビュー」。第8回です。今回は新64期向けというよりは,65期,66期向けということになるかも知れません。

今回お話をお聞きしたのは,第二東京弁護士会のO先生です。

――O先生はいわゆる「四大」に所属されていますね。

はい,そうです。

――四大事務所ってどういう風に就職活動が行われているんですか?

択一の合格発表が終わった辺り,だいたい6月中旬からエントリーが始まります。

――O先生もそこでエントリーしたわけですね。

はい,そうです。四大のうち3つと,あともう1つ。

――エントリーシートの結果はどうだったんですか?

全部通りました。

――さすが(笑)

いえいえ,そんなことはないです。

――書類が通ったらどうなるんですか?

面接です。私のときは7月後半でした。今はもう少し早いように思います。

――マンツーマン?

そうです。

――その面接のあとは?

私が現在働いている事務所は,面接1回で終わりでした。

――え?そうなの?

この辺りは実はブラックボックスなんです。

――どういうこと?

私は1回で終わったんですが,同じく採用された人の中には,複数回面接があった人もいらっしゃいます。

――なるほど。

私は書類が通った4つの事務所のうち,現在所属している事務所のほかに,あと1つ内定をもらったんですが,そこは面接が複数回ありました。

――それが「ブラックボックス」という趣旨ですね。

そうです。面接回数については私にはよく分からないんです。

――ところで,さきほど2つ内定とお話いただきました。

はい。

――そうすると,2つはダメだったわけですが,この理由は何かありますか?

いや,それも分からないんです。2つ受かって,2つダメだった理由は,まったく分かりません。

――O先生から見て,O先生のような大手,四大に就職するためのポイントは?

成績ですね。大学と大学院の成績です。

――学校の成績ですか。

はい,そうです。あと,どこの大学か,大学院かというのも関係してくるのが現実だと思います。

――年齢は?

若い方がいいでしょう。あくまで私の感覚ですが,合格時30歳までです。それ以上の年齢の場合は,特記事項が必要です。

――会計士資格とかですか?

そうですね。会計士の資格まではいかなくても,たとえば銀行での勤務経験などですね。

――英語ができるということは?

できなくても構いません。できればプラスです。ただ,さきほど申し上げた学校の成績を覆すような力はないと個人的には思います。

――なるほど。司法試験の成績はどうですか。

それは全く関係ないです。

――そうなんですか?

はい。論文発表前に事実上決まりますから,司法試験の成績は関係がありません。同僚にはものすごい上位で合格している人もいますが,そういう人は学校の成績もいい。司法試験の成績より大学,大学院の成績です。

――裁判官,検察官になって抜ける人がいるでしょう?

はい。

――補充はあるんですか?

ありません。

――最後に大手渉外事務所に行きたい後輩の方々に一言。

少し長期の話になってしまいますが,大学院の成績を上げて下さい。大学の成績もいい方がいいです。学校の成績が最重要だと思っています。

――貴重なお話,ありがとうございました。


(後記)

私にとって大手渉外事務所というのはまさに「別業種」というイメージでしたが,非常に楽しそうにやっておられます。大学,大学院の成績が重要ということはかなり長期的展望な感じもありますが,興味がある人は早いうちから「準備」が必要ですね。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-11-01 09:02 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生,修習予定者向け就職活動インタビュー。第7回は大阪のF弁護士です。

――F先生の就職先はどうやって決まったんですか?

公募です。

――F先生の事務所は複数の採用があったみたいですね。

はい。最初は1人の予定だったようなんですが,ちょうどイソ弁が抜けたので,複数採用になったみたいです。

――F先生は公募だけですか?

そうですね。履歴書は15通くらい出しました。

――通ったのは?

10くらいでしょうか。

――合同説明会は?

行きました。今の事務所はそこでお話を聞いたところです。

――他の方も仰ってましたが,結構決まるもんですね。

そうみたいですね。説明会はできる限り出るべきだと私も思います。

――活動はいつから始めましたか?

11月からです。

――決まったのは?

2月だったと思います。

――どんな流れで決まったんですか?

公募の事務所の一般的な流れだと思います。履歴書出して,通過したら面接。そのあと食事会に呼ばれて,もう1回面接。そして内定。

――振り返ってみて,反省点のようなものはありますか?

採用を予定していそうな先生方ともっとたくさん話せば良かったと思っています。

――これから就職活動をされる方に何かアドバイスを。

コネじゃないですけど,つながりみたいなものが非常に重要になってきます。そういう意味では積極的に色々な会合に出るべきでしょう。

――本日はどうもありがとうございました。


(後記)

人と人とのつながり,積極性。これはどの弁護士もいいます。就職したい事務所のカラーにもよりますが,積極性は重要です。参考にしてください。

さて,就職活動インタビューですが,手持ちのネタが切れたので,今回でしばらくお休みです。再開は未定ですが,機会があればお話を聞いてきますので,乞うご期待。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-21 08:33 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生のための不定期連載「就職活動インタビュー」。第6回は近弁連の大阪ではない単位会所属のO先生です。

――O先生の就職先はどのように決まりましたか?

ツテだね。

――どんなツテですか?

合格後,大学の先輩の弁護士に手紙を書いて,何人かの先生をご紹介いただいたんです。

――なるほど。それで?

その何人かの先生に手紙を書いたら,その中の何人かから会ってもいいよという返事が来て,お話を聞きました。それで,その先生方には,採用はできないけど他を紹介してあげると言われました。

――紹介が紹介を呼ぶ,というわけですね。

それで次にご紹介を受けたところが,イソ弁が登録替え(=弁護士会移籍)して,ちょうど空きがあった。それで面接となって,最終的にそこに決まりました。

――そんなことあるんですねえ。

イソ弁が登録替えしたり,独立したりして,空きができたので新人を取るというパターンは結構あるよ。空きができたので公募をするというところもあるし,公募はしないけど実は空きはあるというところもある。

――公募はやらなかったんですか?

やったよ。3件くらいかな。

――活動はいつから?

就職活動は1月くらいから。手紙を出したのは4月頃の話。決まったのは6月です。

――手紙を出すという方法は効果があるようですね。

あるでしょうね。

――「弁護士事務所に手紙を出しまくる」という方法を聞いたことがあるんですが。

いや・・・それはどうだろう(笑)

(ここで同席の京都のT先生

それは意味ないと思いますよ。

――取っ掛かりなく連絡してもダメ?

そうだね。まずは何らかのきっかけを作って手紙やメールをすべきじゃないかな。きっかけがなく手紙やメールを出しても,効果は薄いでしょう。全く無駄とまでは言わないけど,どうだろうね(笑)。

――本日はどうもありがとうございました。


(後記)

手紙やメールでアポイントを取るという方法は有用ですが,まずは取っ掛かりが必要なようです。これも「具体的な」積極性の1つと言えるのではないでしょうか。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-19 08:29 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

不定期連載の就活インタビュー。第5回は京都弁護士会のT先生です。

――T先生の就職先はどうやって決まったんですか?

コネです。

――あぁ,ツテですね。

いや,コネです。

――コネ(笑)

はい(笑)

――じゃあ,あんまり一般的に参考にならないか(笑)

そうですね(笑)

――コネってことはすぐ決まったんですか?

いや,そうでもないですよ。6月頃ですね。

――ところで,T先生は青法協に参加されていますね。

はい,青年法律家協会。

――青法協って就職に強いってイメージがあるんですが。

強いのは強いでしょうね。

――ただ,青法協はポリシーをもって活動していますね。

はい。

――そういうポリシーなしで就職のために入会するってあり?

別に構わないんじゃないですか。

――そうなの?

ええ。ちゃんと活動してくれるならポリシーは不要だと私は考えています。

――話は変わりますが,京都の就職状況について・・・

もう就職の余地はありません。

――えっ?

と毎年言われています(笑)

――(笑)

私が入会したときも20人くらい入って,これで打ち止めなんて言われた。でも,今年も(新63)30人くらいは入会すると聞きました。

――余地はあると。

積極的では決してないが,余地はあるのかも知れません。あると言い切ることはできませんが。「いい人がいれば」というやつです。

――何か後輩に対してアドバイスはありますか?

自分のやりたいことをアピールして下さい。「何でもやりたい」ではダメです。そう言いたい気持ちは分かりますが,絶対にダメ。「これをやりたい」「こういうことをしたい」とアピールして下さい。それがその事務所の方針に合致していれば「じゃあ,お手伝いしましょうか」となる。

――どうもありがとうございました。


(後記)

T先生もやはり「積極性」を重視されています。そして,なるべく具体的な積極性が必要だと力説されていました。参考にしてください。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-18 08:30 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生のための不定期連載企画「就活インタビュー」。第4回はF弁護士。F先生の所属会は「近畿弁護士会連合会(近弁連)で大阪ではないところ」です。

――F先生の事務所はどうやって決まったんですか?

ツテを頼りました。

――公募は回らなかったんですか?

いえいえ,回りましたよ。

――どれくらい?

書類は40から50は出したと思います。

――通過したのは?

35は通ったと思います。

――すごいですね。さすが優秀層(笑)

そんなことはないですよ(笑)

――面接はどうだったんですか?

私は面接が苦手でした。書類は結構通ったのですが,その後が厳しかった。

――面接を振り返ってみて,どういう点に気をつけるべきですか?

大人数のところは埋没したらダメでしょうね。そのためには無難すぎる対応は良くない。

――なるほど。

それと私のように面接で何をしゃべっていいか分からないという人は,できるだけ話すことを考えて行った方がいいでしょうね。

――就職活動はいつから始めましたか?

10月です。最初の方はみんな就職活動をしていますから,必然的に大人数で,私には厳しかったですね。絞られてきてからは調子が出てきました。

――決まったのはいつですか?

6月ですね。

――最後に後輩に一言。

さきほども申しましたが,埋没したらダメです。

――ありがとうございました。


(後記)

F先生はお話も上手ですし,面接は得意そうに見えるのですが,独特の雰囲気があるので,苦手とされているのかも知れません。面接が苦手な方はおられると思いますが,積極性が大事なので,頑張って前に前に出ましょう。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-14 08:10 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生のための不定期連載企画「就活インタビュー」。第3回は大阪のA弁護士。

A先生は大学卒業後にビジネスマンをされて,その後ローに行って弁護士になられた方です。

――A先生の就職先はどのように決まりましたか?

公募ですね。

――T先生と同じような感じ?

そうです。弁護士会に登録してあった事務所や,ホームページでの個別募集の事務所とか。

――大阪弁護士会の合同説明会は?

行きましたよ。今の事務所は合同説明会でお話を聞いたところです。

――合同説明会って意味あるんですね。

ありますね。今年は開かれるのかどうか分かりませんが,出た方がいいでしょう。

――どれくらいの事務所に履歴書を出しましたか?

20くらいでしょうか。

――書類が通過したのは?

10?いや,そんなに通過してないかな。

――5から10?

はい,それくらい。

――書類通過の後はどういう風に進むんですか?

T君と同じですね。修習生が5人くらいの食事会があって,そのあと面接。そして採用決定です。

――最後まで分からないのもT先生と同じ?

そうです。

――就職活動はいつくらいから始めましたか?

10月くらいです。

――決まったのは?

12・・・あっ,2月です(笑)

――(笑)まあ,そういう時期ってことで(笑)

はい,よろしくお願いします(笑)

――内定をもらった決め手は?

運が良かっただけだと思ってます。ただ,これは私の感想なんですが,私の場合,最後の面接で「いつかは独立したい」と言ったのが良かったのではないかと思っているんです。

――積極的と評価されたんでしょうか。

あくまで私の感想なので確かなことは分かりませんが,そうだと思います。

――これから就職活動をする後輩に一言。

どの先生も言うと思いますが,積極的に。面接は受けられるだけ受けるべきですね。

――ありがとうございました。

(後記)

A先生は順調な就職活動をされた方だと思います。それでも最後の最後まで分からないのが就職活動。ダメでも落ち込まずに,積極的に攻めていくことが必要なようです。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-13 08:20 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生のための不定期連載企画「就活インタビュー」。第2回はT弁護士。

T先生は大阪弁護士会所属の男性。大学からそのままローに行って,司法試験に受かって弁護士になるという真の若手弁護士です。

――T先生の就職先はどういう風に決まりましたか?

いわゆる公募です。

――公募というと,弁護士会に登録されてるやつ?

そうですね。それとホームページの採用情報も。

――大阪弁護士会の合同説明会も行きましたか?

行きましたよ。結局はそこでお話を聞いた事務所に就職しています。

――なるほど。公募は合計でどれくらい申し込んだんですか?

履歴書は30は出したような。

――どれくらい通りました?

書類ですか?10件くらいでしょうか。

――公募ってどういう流れで決まるんですか?

まずは履歴書を出して書類審査です。そして書類が通れば第1回の面接。

――その後は?

食事会ですね。修習生が5人くらい。

――食事会の話は聞いたことがありますね。それで?

もう1回面接に呼ばれて,それでOKなら採用です。

――最後の面接に呼ばれたら採用されるというイメージでいいですか?

いやいや,とんでもない。私は最後まで分かりませんでした。

――就職はいつ決まったんですか?

2月です。

――公募の第一波のときですね。

そうですね。

――就職活動を始めたのはいつから?

発表前からやってはいました。

――採用された一番の決め手は何でしょうか?

事務所の方針に私が合致していたからじゃないでしょうか。

――相性ってやつですね。何か後輩の就職活動にアドバイスを。

まず,司法試験の成績を要求する事務所が多いと思いますので,成績がいい人はどんどん履歴書を出すといいと思いますね。

――ふむふむ。先生のご成績は?

私は苦労しました(笑)。

――失礼しました(笑)。他に何かありますか?

説明会はどんどん出た方がいいですね。出て損はないです。

――どうもありがとうございました。


(後記)

今回は6人の先生にインタビューをし,今後順次アップしますが,T先生を始め,ほとんどの先生が「積極性」を重要視しています。どんどんと履歴書を出し,どんどんと説明会に出るという姿勢が大切だということでしょう。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-11 20:50 | 就活インタビュー
井上・大森法律事務所の大山です。

司法修習生のための不定期連載企画「就活インタビュー」を始めます。若手弁護士の体験談です。

第1回はI弁護士。I先生は大阪弁護士会所属です。男性で私よりも少し人生の先輩。社会人経験あり。

――I先生の就職先はどういう風に決まったんですか?

修習先の事務所ですね。

――最初から決まってた?

そんなことはないよ。一番最初が弁護修習だったんだけど,弁護修習が終わった後,2月後半から就職活動は始めました。そのときに「もし決まらなかったらうちでもいいよ」的な雰囲気はあったかな。

――公募の事務所には応募しましたか?

したよ。

――10件くらい?

いやそんなにしてないかな。5件?いや,もうちょっとかな。

――5~10ってところでしょうか。

まあ,そうだね。僕は就活のスタートが遅かったからね。今となってはこれは良くなかったね。

――公募以外のところは?

先生のツテで採用予定のないところを回ったね。

――そういうところの手応えは?

酒呑んで終わる(笑)

――あんまり効果はない?(笑)

就職活動という視点ではね。誤解して欲しくないけど,色々な人と会えるというのは修習生の特権みたいなもので,そういう機会に恵まれたのは非常に良かった。人脈みたいなものもできたし,純粋に先輩の話は役に立つよ。効果云々というのは「僕の就職活動に限って言えば」ということね。

――分かりました。何か後輩に向けてアドバイスを。

就職活動は早めにスタートした方がいい。僕は様子見つつ2月後半に始めたけど,1月には第一波が終わってた。今思えばもっと早くやっておくべきだったと思いますね。「周りの様子を見つつ」なんてのは絶対だめ。

――どうもありがとうございました。



今回は以上です。次回の掲載は未定ですが,11日に親しい先生方にお会いする予定があるので,そこで突撃インタビューをするつもりです。




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-10-02 17:13 | 就活インタビュー