南森町から


by oyama-law
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:弁護士とは( 44 )

弁護士が売っているもの

大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

弁護士は何かを作り出して,それを売っているのではありません。

では,弁護士は何を売っているのか。私は,「知恵」を売っているのだと思います。

「知識」ではなく,「知恵」です。

弁護士の知識というのはそんなに多くはありません。この世には知らないことばかりです。ですから,ご依頼者様にお聞きすることばかりです。

ご依頼者様から聞いたことを整理し,ご依頼者様にプランを提案する。そのプランは「最高の結果をもたらすプラン」であったり,「最悪の結果を回避するプラン」であったりするでしょう。

この「知恵」を我々は皆様にお売りしているのだと,私は思います。

by oyama-law | 2013-01-26 23:56 | 弁護士とは

弁護士業の魅力とは

大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

昨日は今年の司法試験の合格発表でした。合格者の多くが,司法修習を経て,来年の終わり頃に弁護士になります。

弁護士業,弁護士の仕事の魅力は何でしょうか。

私は,「いろいろなことをお客様から教わることができること」だと思っています。

この世の中は,知らないことばかりです。私は,お客様から,「お客様は知っているけれども,私は知らないし,普通に生きていれば知らないまま終わってしまうこと」を教わります。

これはすごいことだと思います。

色々なことをお客様から教えていただきながら,お客様と一緒に,お客様の抱えておられる悩みを解決していく。これが弁護士業の魅力です。

司法試験の合格により,受験生は実戦の場に入って行くことになります。

私も負けないように頑張らないといけませんね。

by oyama-law | 2012-09-12 10:27 | 弁護士とは

ネットワークの構築

大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

昨日は,業務で一日京都にいました。

京都のことにはあまり詳しくないので,同期に「お昼一緒にしようよ」と言うと,「自分の事務所で食べよう」と言ってくれたので,遠慮なく事務所に。

小一時間,情報交換や雑談をしながら,お弁当を食べました。

弁護士が独りでできる仕事量は限られています。また,「利益相反」の問題や,地域的・距離的な問題で,私ではお請けできない仕事や,お請けするべきではない仕事もあるでしょう。

そのようなときに弁護士間のネットワークをいかに構築しておけるかも重要だと考えています。


大山定伸のツイッター


ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2012-05-12 09:06 | 弁護士とは
大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

お客様から「裁判には私も出席しないといけませんか?」と聞かれることがあります。

出席は自由ですが,弁護士を雇っていれば,弁護士は「代理人」ですから,弁護士だけが出席し,ご本人であるお客様は出席する必要はありません。

場合によっては出席をお願いする場合もございますが,基本的には出席は不要です。

ただ,真実を知っているのはご本人であるお客様ですから,打ち合わせはさせていただいています。これはお客様によって都合がバラバラですから,日時場所は相談させていただいています。

お仕事終わりの19時,20時ということもありますし,土日のこともあります。

お客様と綿密な打ち合わせをし,お話を元に私が主張を書いた書類を作り,平日昼間の裁判には私が代理で出席する。

そのようなイメージで結構かと思います。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2012-02-19 13:30 | 弁護士とは

法律相談予約の方法

大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

弁護士への相談のことを「法律相談」と呼んでいます。何はともあれこの「法律相談」が肝心ですので,お早めに,お気軽に来て頂きたいと思っております。

私の場合は電話(06-6366b-5570)か,メール(oyama@lawyers.jp),ホームページのご予約フォームからのどれかでアクセスいただき,法律相談のご予約を取っていただいております。

飛び込みは困るというわけではありませんが,他のお客様とお話をしている場合や,そもそも私が事務所にいないということもありますので,まずはご連絡をいただくと幸いです。

時間はかなり柔軟に対応しています。仕事終わりや,出勤前のご相談もお請けできます。

夜の法律相談はできますか

土日の法律相談はできますか

私の場合は,お電話やメールでご連絡を頂戴した際に,簡単な事情の聴き取りをさせていただいております。その時点で回答が可能な場合は回答しますし,お会いして詳しくお聞きしたい場合でも,ある程度の事情をお聞きしていますので,話はスムーズです。

また,お持ちいただきたい資料もお伝えしております。

まずはお気軽にご連絡を。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2012-02-07 21:59 | 弁護士とは
大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

私は遺言・相続センターの電話相談員をやっていますが,「遺言を作るのにはいくらかかりますか」というご質問も受けます。

遺言を作るにはいろいろとお金もかかりますが,今回は弁護士費用について。

大阪弁護士会遺言・相続センターでは,簡易な遺言では1通10万5000円としています。ですから,私も10万5000円でお請けすることにしています。

また,複雑な事案でも上限は31万5000円なので,私もそうしています。

複雑な事案というのは何か,ですが,あげたい人がたくさんいるとか,非常に細かい分配方法を決めたいとか,そういう遺言の場合ですね。

私の考えでは「奥さんにこれ,長男にこれ,次男にこれ,長女はあれ,次女はそれ」というような事案であれば,決して複雑ではありません。

遺言は大事なものです。今回は弁護士費用について書きましたが,弁護士費用以外にどんなお金がかかるのか,どういう遺言を作るべきなのか。そういうご相談も是非お気軽に。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2012-01-20 14:03 | 弁護士とは
大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

土日の法律相談のご希望がある方は大勢おられると思います。

弊所も,公式には土日はお休みにしておりますが,予約をいただければ土曜も日曜もご相談をお受けしています。

ただ,何もなくても出勤している平日とは違い,まったく予定がなければ土日や祝日は誰も事務所におりませんので,事前にご連絡いただければ確実です。

「平日はどうしても難しいが,法律相談をしたい。」「日曜日に少し話を聞いて欲しい」という方,是非一度お気軽にご連絡下さい。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2011-12-25 11:15 | 弁護士とは
大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

昨日は法律相談をさせていただきましたが,20時からの法律相談でした。

週明けの月曜日にも20時からの法律相談の予約がございます。

このような場合,お客様には「遅くにすいません」と仰っていただきますが,私としましては,何も謝っていただくことではございません。

私が公開している執務時間は朝8時から夜6時までですが,その時間帯はご相談されたい方もお仕事をされている時間帯です。ですから,私の執務時間に合わせるのは難しいという方もいらっしゃることでしょう。

そのような場合は,予約をしていただければ,私の方が合わせます。

気軽にお問合せいただければ幸いです。

大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2011-12-23 16:16 | 弁護士とは

法律相談のポイント

大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

法律相談を受けるときのポイントですが,「弁護士に内容を分からせる」ということが最重要ポイントです。

ご相談者,ご依頼者は,そのトラブルの主人公ですから,内容をよくご存知ですが,弁護士は何も知りません。まずは,弁護士に内容を分からせることが大事です。

ですが,法テラスや弁護士会の相談ですと,30分など,時間制限があります。

その場合は,内容の説明に時間がとられますと,肝心な法的な相談をしたり,対処方法を検討する時間がなくなります。

ですから,30分相談の場合は,10~15分で内容を分からせることができるように,ある程度まとめておくことも必要でしょう。

「10分では上手く話せない」という方は,紙にまとめていくのも良いでしょう。

レポート用紙で1枚か2枚にまとめ,それを弁護士に見せ,その後で詳しい話をするとスムーズに進むでしょう。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2011-08-27 14:58 | 弁護士とは
大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

昨日は,私の友人の岡田晃朝弁護士の講演会に行ってきました。

岡田晃朝先生は兵庫県弁護士会に所属されており,あさがお法律事務所の所長をされています。

ネット上,ブログ上ですので,「岡田晃朝先生」などと申しましたが,いつもは「アキトモさん」と呼んで親しくさせてもらっています。

昨日のメインテーマは著作権と違法広告についてでした。企業向け,ビジネスマン向けの講演会でしたが,私も非常に勉強になりました。

著作権もさることながら,他の弁護士が一般の方向けに話すときにどんな話をするのかという点も着目していましたが,これも勉強になりました。

弁護士の講演会に出席して,「話芸」を参考にし,良いところがあれば盗むというのも,「アリかな」と思いました。

それと,出席者の方も熱心で,質問がどんどん出ていました。岡田先生もそれに丁寧にお答えになっておられました。

岡田先生のお答えを聞いていて,私は「オレも同じこと言うな」と感じました。つまり,弁護士の答えというのは,結論としては似たり寄ったりになるのです。

しかし,問題は「答え方」なのです。

岡田先生はその点,素晴らしいお答えをされていたと思います。

私が昨日一番勉強になったのは,この点ですね。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ



by oyama-law | 2011-07-09 10:47 | 弁護士とは