南森町から


by oyama-law
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特集 おかしな懲戒 第2回

大阪南森町の弁護士事務所,井上・大森法律事務所の大山です。

おかしな懲戒の第2回です。今回は23条照会について説明したいと思います。

23条照会というのは,「弁護士法23条の2に基づく照会」のことです。

条文は小難しいので,具体例で説明します。

トラブルの相手方の連絡先住所が知りたいときに,相手の個人情報を携帯電話の番号しか知らないとします。

こういう場合,携帯電話会社に聞けば,その携帯電話番号を持っている人の個人情報が分かるはずです。

しかし,たとえばドコモに電話して「何番の番号の人の住所教えてよ」と言っても絶対教えてくれません。

そこで,弁護士は弁護士法23条の2に基づく照会として,弁護士会を通じて,ドコモに問い合わせるのです。そうすると,ドコモが教えてくれる可能性が生まれるわけです。

今回のおかしな懲戒はドコモに対する照会ではありませんが,X先生が使ったシステムは同じものです。

では,23条照会の手続について,もう少し説明しておきます。おかしな懲戒がいかにおかしいかを述べるために,弁護士会という表記ではなく「大阪弁護士会」とし,弁護士は私にしましょうか。

まず,私が,Aさんの代理人としてBさんとの何かの問題を担当しているとしましょう。Bさんの情報を得たいのですが,Bさん自身は教えてくれない。そして,Cという組織もBさん情報を持っていることが分かっている。しかし,そこからも自力ではその情報をゲットできない。

こういう設定にしましょう。

この場合に私が23条照会をするにはどうするか。大阪弁護士会の司法委員会が編集し,平成21年度会長の畑守人先生も序文を書かれているマニュアル「弁護士法23条の2に基づく照会の手引」(以下「手引」)の最新版を参照しながら説明しましょう。

まず,私は照会の申出書を書いて,大阪弁護士会に対して照会の申出をします。欲しいのはBさんの情報で,照会先はCであること,そして照会する理由を書くのです。

そうすると,大阪弁護士会の決めた独自の審査基準(手引75ページの規則)に従って,私の申出書を大阪弁護士会の事務局及び嘱託弁護士が審査します。

それをパスすると,理事者(副会長など)の決裁を受けて,大阪弁護士会の会長の名前で照会先であるCに申出書をそのまま郵送します。ちなみに有料です。

このように,23条照会は,所属弁護士が大阪弁護士会に照会をお願いして,内容について大阪弁護士会のチェックを受けて,大阪弁護士会の会長の名前で照会先に郵送するのです。

ここ,ポイント。

裁判所の書類や内容証明のように,「自分で書いて,自分のハンコ押して,自分で出す」のではないのです。

次回は「審査の実際」について手引を参照しながらご説明します。


大山定伸のツイッター




ブログランキング参加中です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ  人気ブログランキングへ
by oyama-law | 2010-11-16 08:26 | 弁護士とは